最新テクノロジーが創り出す全く新しいアート体験

テクノロジーとアートを掛け合わせると何が起こるだろう。
この春日本で始まった最先端の通信技術「5G」が実現するのはこれまで誰も見たことのない新体感の参加型アートパフォーマンス。
金沢の夜を彩る新たな名所が、金沢21世紀美術館に誕生する。

『5G Projection Art』とは?

金沢21世紀美術館を舞台に開催される「新体感アートプロジェクションマッピング」です。
VRアーティストのせきぐちあいみさんがVR空間上に描く3Dアートを、5Gを使って美術館に投影します。
また、新たな生活様式への移行が求められる中、このイベントは「オンライン参加型」に挑戦。
360度カメラで撮影した会場の様子を5Gでライブ配信するとともに、皆さんがスマートフォンから投稿したメッセージを美術館に投影することができます。
最新テクノロジーが創り出す全く新しいアート体験をぜひお楽しみください。

日時
2020年8月28日(金)19:00-20:00(雨天順延:8月29日(土))
会場
金沢21世紀美術館
〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1≫Google map
参加方法
イベントは5Gを使った360度ライブ中継により、全国からオンラインで観覧・参加ができます。
5G projection Art @ 金沢21世紀美術館は
ご好評のうち終了いたしました。

イベントの模様はYouTubeのアーカイブにてご覧いただけます。

VRアートライブペインティング

VRアートとはVRゴーグルを付けてバーチャルリアリティの空間に、3Dの絵を描くアート。360度自由な角度での鑑賞で、作品の中に入り込んだような感覚を体験でき、平面で描かれた芸術作品とは違った魅力があります。

せきぐちあいみ

神奈川県相模原市生まれ。
VRアーティストとして多種多様なアート作品を制作しながら、国内にとどまらず、海外(アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、UAE、タイ、マレーシア、シンガポールetc)でもVRパフォーマンスを披露して活動しています。

せきぐちあいみ

全く新しいアート体験を可能にする「5G」

「高速大容量」「低遅延」「多数の端末との接続」といった特徴をもつ5G。
このイベントでは、360度カメラや複数のサブカメラで撮影した映像のライブ配信と、ステージで描いた3Dアート映像の伝送において5Gを利用することで、リアルタイムな大容量データのやり取りを実現しています。